恋愛マイスターと名乗っていますが
昔は、
★年齢=彼女なし
★あがり症
★口下手
★根暗
でした。
こんな私でも彼女を作って
まわりから不思議がられています。
それは一体どうしてなのか??
それをレポートで順次公開していきたいと思っています。
今回のテーマは
「会話術の基礎」です^^
それではどうぞ

 

会話術の基礎

会話術の基礎

女性にモテる男は何が違うのでしょう??
顔?、収入?地位?学歴??
モチロンあればプラスに働くモノたちですが
それよりも
会話
が大事です。
女性は「話す生き物」とにかくよく喋ります。
そのためには会話の仕方を学ぶ必要があります。
しかし、その土台である基本が出来ていないと
宝の持ち腐れです。
気になる女性を前にすると緊張しましまうものですが、
場数を踏めば【慣れ】てきますので
まずは友人から試してみましょう!!

其の壱:アイtoアイ

アイtoアイとは
いわゆる「相手の目を見て話す」ということです。
そうするとよく話を聞いているという誠実さや
一生懸命話しているという真剣さが伝わります。
気になる女性の目を見るのは
ちょっと恥ずかしいですが、頑張って目をみましょう^^/
ただガン見してしまうと
相手も緊張してしまうので
ほどよく目をみたり、鼻を見たり視線を変えましょう!
「目は口ほどにものを言う」
口では「すごいね〜」と言っていても
実際は「どうでもいいよ!」と思ってるかも知れません。
相手の女性が楽しんでいるのか、つまらないのか、
目を見ているとその反応を見ることができます。

 

会話術の基礎

其の弐:聞き上手になる

いろいろな雑誌や恋愛ノウハウ本でよく出てくる
モテるテクニックが
「聞き上手」
です。
女性はとにかく話したい生き物。
気持ちよく話を聞いてくれる男性はモテるのです。
心地よく話すことが出来ると
だんだん心を開いてくれます。
とは言っても最初は難しいですよね。
そんな時のワンポイント!!
「自分の失敗例・グチを話す」
男はカッコイイところを見せたいものですが、
あえて失敗例やグチをいうことで共感してもらいます。
「この前、飲みに行ったんだけど
 財布忘れちゃって友達にお金借りちゃったよ」
「後輩にご飯おごったんだけど

 お礼一言も言われなかったよ、ありえないよね?」
とかちょっとしたことを言ってあげて
相手が「そうだよね」とか「私もある〜」とかなったら
こちらのモノです(?ー?)ニヤリ
大きな失敗は逆効果です!!!
誰にでもありそうな小さな失敗を話してあげるのです。

 

会話術の基礎

其の参:否定より肯定

好感を持たれる会話というのは
【相手を否定しないこと】
が大切です。
会話の内容によって変わりますが、
話を否定されると気分は悪いものです。
気持よく話しているところで
「それは違う」
「それはこうだよね」
とか言うと話の腰を折ってしまい
「私、拒否されてる」と思ってしまいます。
出来るだけ、
肯定的に話を聞いてあげると
女性はよく聞いてくれると感じ
親近感を抱くようになります。

 

会話術の基礎

其の四:豊かな表情で

仏頂面で「うん、うん」と話を聞く人と
笑ったり、びっくりしたり、わくわくしたりしながら
話を聞く人ならどちらが好感もてますか??
十中八九、「表情豊かな人」ですよね??
イケメンでも無表情だとちょっと怖い感じですね^^;
(そういうのが好きな女性もいたりしますが,,,,)
自分の話に共感や感情を表してくれる人に対しては
親近感、安心感、信頼感を抱きやすいです。
言葉では簡単ですが、
実際に表情で表すというものは難しいものです。
作り笑顔というものは
意外と見ぬかれてしまったりしてしまうものです。

其の五:いつもアンテナを張っておく

ちょっとプラスα的なものですが、
会話のネタは多いほうがいいです。
プロのラジオDJとかは原稿無しで
とっさに話さなければならない時もあるので
ネタをたくさん用意しています。
電車の中、歩きながら、映画、テレビなどなど
いろんなトコロでアンテナを張っておいて
話の話題を用意しておきます。
「テレビで近くの店を紹介してたよ」
「電車に乗ってたらこんな人見たよ」
なんというのでも大丈夫です。
話題が多いとそれだけで好感度があがります。

おわりに

以上5つが会話の基本となります。
「なんだ、そんな簡単なことか??」
と言われてしまいそうですが、
実際に出来ていない人が多いのが現実です。
これを意識しているうちはまだまだ、
無意識に実践できるようになって
はじめていろいろな恋愛ノウハウを活用できます。
実はこれらはモテる男は自然と出来ている行動なのです。
基本を大きくしっかりと作り、
テクニックを使って
気になるあの人を手に入れましょう!!!!

 

会話術の基礎

Copyright(c) 2016 会話術の基礎. All Rights Reserved.